©ニューギン

■関連機種
📖 CRサイボーグ009VSデビルマン 319verのスペック情報

このページでは2018年10月1日に導入される、
CRサイボーグ009VSデビルマン 119verの情報をまとめています。

■本機の注目ポイント
①大当たり確率約1/119のライトスタイル
②確変割合65%の確変ループタイプ

・機種基本情報
・スペック
・ボーダーライン
・時給
・止め打ち手順

などの情報を随時更新していきます。

スポンサーリンク

機種概要

機種概要
機種名CRサイボーグ009VSデビルマン
119ver
メーカーニューギン
タイプ確変ループ
導入日2018年10月1日

スペック

基本スペック

基本スペック
大当たり確率低確率時:1/119.8
高確率時:1/31.96
確変割合65%
時短10回,30回
時短引き戻し10回:約8%
30回:約22%
賞球4,1,4,3,11
アタッカー11賞球×9C
ラウンド2,3,10
出玉10R:約990個
3R:約297個
2R:約100個

大当たり振り分け

■ヘソ当たり

大当たり振り分け(ヘソ)
ラウンド電サポ出玉配分
3R確変調査中約297個55%
2R確変約100個10%
3R通常約297個35%

 

■電チュー当たり

大当たり振り分け(電チュー)
ラウンド電サポ出玉配分
10R確変調査中約990個35%
3R確変約297個30%
3R通常約297個35%

ボーダーライン

調査中。

止め打ち手順

大当たり中止め打ち

本機のアタッカーは11賞球×9C。

釘が多くてたまがちぐはぐになるることと.
アタッカー手前の入賞口に拾われてしまうが、
それを加味してもオーバー入賞率高めのアタッカー。
捻り打ち効果は高めの機種。

止め打ち手順

大当たり中の止め打ち手順
①8個入賞させる
②9個目弱め打ち+1発捻り強め打ち!

 

電サポ中止め打ち(ミドルver)

以下は319verの止め打ち手順です。
電チュー賞球は1個。
電サポ開放パターンは1セット3回開放。

【止め打ち手順】

電サポ中の止め打ち手順
①1,2開放目が開く瞬間に2発打つ。
②3回目が開いたあと2発打つ

まとめ

CRサイボーグ009VSデビルマンの甘デジバージョンが登場。
確変割合65%の確変ループタイプ。

潜伏確変があるのかは定かではありませんが
時短回転数が短く確変中の大当たり確率が軽めで
非常に狙いやすいかなと思います。

大当たりが3R・2R・10Rの3種類なので
電チューで当てて10R大当たりを引かないと、
勝つのは難しいかもしれませんね。

ボーダーライン・止め打ち手順などの情報が分かれば追記します。

スポンサーリンク