©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

導入時期:2014年1月

☆ポイント☆
・4スルー~+2000円超
・450G~天井期待値+2000円超
・奇数回数でAT当選後は注目。

天井概要

天井 恩恵
AT間バジリスクチャンス10回 次回疑似ボーナスでAT当選
+
AT終了後1回目の疑似ボーナスでAT当選
疑似ボーナス間500G到達 疑似ボーナス当選

天井期待値

ゲーム数天井期待値

ゲーム数 天井期待値
200G +200円
250G +320円
300G +590円
350G +900円
400G +1440円
450G +2110円

※設定1・状態不問
(引用元:パチスロ期待値見える化様)

 

ATスルー回数天井期待値

■AT当選後即やめの場合

スルー回数 天井期待値
3スルー +150円
4スルー +1680円
5スルー +1670円
6スルー +3540円
7スルー +4470円
8スルー +5790円
9スルー +7470円
10スルー +8460円

※設定1・状態不問
(引用元:パチスロ期待値見える化様)

 

■AT当選後疑似ボーナス1回当選まで打つ場合

スルー回数 天井期待値
3スルー +330円
4スルー +1770円
5スルー +2650円
6スルー +4010円
7スルー +5080円
8スルー +6770円
9スルー +9330円
10スルー +17810円

※設定1・状態不問
(引用元:パチスロ期待値見える化様)

テーブル別モード振り分け

以下の順にAT抽選が行われる。
①バジリスク絆は設定変更後・AT終了後にテーブルを決定。
②テーブル・スルー回数によって初期モードが決定
③初期モードと通常時の抽選に応じた疑似ボーナス当選時の最終モードでAT抽選。

同じテーブルでもモード転落する。
モードはやめ時に影響するので現在いるテーブルを把握しておくことが重要。

 

■テーブル別モード移行率

テーブル別モード移行率
スルー回数 テーブルA テーブルB テーブルC テーブルD テーブルE テーブルF
0スルー モードA モードA モードB モードC モードB モードB
1スルー モードA モードA
2スルー モードB モードB
3スルー モードB モードA モードA
4スルー モードC モードB モードC
5スルー モードB モードA モードB
6スルー モードC モードC モードC
7スルー モードC モードB モードB
8スルー モードC モードC
9スルー モードD
スルー回数 デーブルG テーブルH テーブルI テーブルJ テーブルK テーブルL
0スルー モードC モードA モードA モードA モードA モードA
1スルー モードA モードB モードB モードC
2スルー モードC モードA モードA モードA
3スルー モードA モードB モードB モードC
4スルー モードC モードA モードA
5スルー モードB モードC モードC モードB
6スルー モードB
7スルー モードC モードC モードB モードC
8スルー モードB モードB モードC
9スルー モードD
スルー回数 テーブルM テーブルN テーブルO
0スルー モードA モードA モードA
1スルー
2スルー
3スルー モードB モードB
4スルー
5スルー モードC
6スルー モードC
7スルー
8スルー モードD
9スルー モードD
10スルー モードD
スルー回数 テーブルP テーブルQ テーブルR テーブルS テーブルT テーブルU
0スルー モードB モードC モードB モードC モードA モードA
1スルー モードA モードA モードB モードC
2スルー モードB モードC モードA モードA
3スルー モードA モードA モードB モードC
4スルー モードC モードC モードC
5スルー モードB モードC
6スルー モードC モードB
7スルー モードB モードC
8スルー モードD
スルー回数 テーブルV テーブルW テーブルX テーブルY テーブルZ
0スルー モードA モードA モードA モードD モードE
1スルー
2スルー モードB モードD
3スルー
4スルー モードB モードD
5スルー
6スルー モードD

 

テーブル移行率(通常時)

■テーブルA~Jからの次回テーブル移行率
下位テーブルに移行しやすい。

テーブルA~Jからの次回テーブル移行率
移行先 振り分け
テーブルA・B 9.35%~7.42%
テーブルC 12.5%~10.94%
テーブルD 6.25%~10.94%
テーブルE 18.75%~12.5%
テーブルF 12.5%
テーブルG 6.25%~12.5%
テーブルH 6.25%~5.86%
テーブルI 4.69%~5.86%
テーブルJ 3.13%~5.86%
テーブルK~Z 3%未満

 

■テーブルK~Mからのテーブル移行率
テーブルK~Mは低設定ほどループ性が強い。
高設定は上位テーブルに移行しやすい。

移行先 振り分け
テーブルK~M 23.44%~12.76%
テーブルN 12.5%~18.75%
テーブルO~X 1.56%~3.91%
テーブルY 1.37%~3.32%
テーブルZ 0.2%~0.59%

■テーブルNからのテーブル移行率
テーブルNからは疑似ボーナス1回でAT当選確定のテーブルに移行。

移行先 振り分け
テーブルY 87.5%~85%
テーブルZ 12.5%~15%

■テーブルO~Uからのテーブル移行率
テーブルQ・Sに移行しやすいので、
次回、初回モードCの期待が高めのテーブル。

移行先 振り分け
テーブルA~M 3%未満
テーブルN 7.81%~3.13%
テーブルO 3.13%
テーブルP 6.25%
テーブルQ 18.75%
テーブルR 6.25%
テーブルS 12.5%
テーブルT 3.13%
テーブルU 6.25%
テーブルV~X 3.13~4.69%
テーブルY・Z 2%未満

 

 

■テーブルV~Xからのテーブル移行率
テーブルV~XからはテーブルO以上が確定。
さらに次回初回モードC以上の割合が60%OVER。

移行先 振り分け
テーブルO 3.13%
テーブルP 6.25%
テーブルQ 18.75%
テーブルR 6.25%
テーブルS 12.5%
テーブルT 3.13%
テーブルU 6.25%
テーブルY 38.28%~37.19%
テーブルZ 5.47%~6.56%

 

■テーブルY・Zからのテーブル移行率

移行先 振り分け
テーブルA~M 各々3%未満
テーブルN 7.8%~3.13%
テーブルO 3.13%
テーブルP 6.25%
テーブルQ 18.75%
テーブルR 6.25%
テーブルS 12.5%
テーブルT 3.13%
テーブルU 6.25%
テーブルV~X 3.13%~4.69%
テーブルY・Z 各々2%未満

 

設定変更後のBC回数天井とモード

設定変更後はBC回数天井・内部状態・モード・テーブルが再抽選される。
設定変更後はテーブルは特に優遇されるわけではないので
テーブルは気にせず内部状態とモードを把握しておけば十分。

 

■設定変更後のBC回数天井振り分け
設定変更後はBC回数天井が再抽選。
1回目・9回目・10回目の割合が高い。

設定 1回 3回 5回 7回 9回 10回 11回
1 8% 1.5% 22.5% 60.5% 4.5%
2 1% 19% 66.5% 3.5%
3 1.6% 23.2% 59.1% 4.9%
4 1.1% 19.7% 65.1% 3.9%
5 1.7% 23.9% 57.7% 5.3%
6 1.2% 20.4% 63.7% 4.3%

 

■設定変更後のモード振り分け
設定を問わず約1/3でモードC以上に期待できる

設定 モードA モードB モードC モードD モードE
1 41.5% 25.5% 25% 7% 1%
2 40.5% 26.3% 25.2% 7% 1%
3 42.1% 25.1% 24.8% 7% 1%
4 41.1% 25.9% 25% 7% 1%
5 42.7% 24.7% 24.6% 7% 1%
6 41.7% 25.5% 24.8% 7% 1%

 

【設定変更後モードC以上移行率】

設定 移行率
1 33%
2 33.2%
3 32.8%
4 33%
5 32.6%
6 32.8%

 

モード別AT抽選

BC当選時のAT抽選はBC当選時の内部状態・内部モードで変化。
内部状態は通常・高確・超高確の3種類。
モードはA~Eの5種類。
モードD以上のBC当選はAT確定。

AT抽選は偶数設定の方が優遇される。
モードCから高確BCのAT抽選が優遇される。

 

■モードA滞在時のAT抽選

設定 通常 高確 超高確
1 1.04% 6.25% 8.33%
2 2.5% 10% 12.5%
3 1.39% 8.33% 10%
4 3.13% 12.5% 15%
5 1.39% 8.33% 10%
6 4.17% 13.33% 16.67%

 

■モードB滞在時のAT抽選

設定 通常 高確 超高確
1 2.08% 12.5% 16.67%
2 5% 22.22% 28.57%
3 2.78% 16.67% 20%
4 6..25% 25% 30%
5 2.78% 16.67% 20%
6 8.33% 26.67% 33.3%

 

■モードC滞在時のAT抽選

設定 通常 高確 超高確
1 4.17% 33.3% 40%
2 10% 44.45% 57.14%
3 5.55% 33.33% 40%
4 12.5% 50% 60%
5 5.55% 33.33% 40%
6 16.67% 53.33% 66.67%

 

■モードD・E滞在時のAT抽選

設定 通常 高確 超高確
1~6 100%

 

モード示唆演出

以下の演出が出るとモードC以上濃厚。

 

■BC後伊賀ステージ&(超)高確否定

©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

 

※AT終了後のステージはモードに依存しないので注意!

 

■BC後弾正屋敷ステージは超高確&モードB以上


©UNUVERSAL ENTERTAINMENT

 

■演出発展時弦之介カットイン+BC非当選


©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

 

■朧カットイン+BC非当選


©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

高確示唆演出

基本的に土岐峠は高確示唆。弾正屋敷は超高確示唆。
そのほかにも高確示唆演出が存在する。

■リール枠エフェクト

パターン 内部状態
ハズレ時に頻発 高確示唆
第3停止でエフェクト大 高確示唆
リプレイ成立時に発生 (超)高確濃厚

 

 

■セリフ演出
リプレイ+セリフ演出発生で(超)高確濃厚

 

■蛍火ルーレット演出
リプレイ成立時発生で(超)高確濃厚
ハズレ時で発生すると高確示唆

 

■タカ演出
リプレイ成立時に発生で(超)高確濃厚
ハズレ時に発生で高確示唆

 

■人別長演出
リプレイ+中開き「好機」は(超)高確濃厚

 

■ミニキャラ演出
リプレイ+弦之介笛(不発)は(超)高確濃厚
ハズレ+弦之介笛(中)は(超)高確濃厚

 

■かんざし演出
リプレイで第3停止青かんざしは高確示唆
ハズレ+白かんざしは(超)高確濃厚

 

■かご演出
ハズレ・リプレイ+第3停止女性白着物は高確示唆
リプレイ+男性青着物は(超)高確濃厚

 

■偵察演出
リプレイ+多くの町人+「小役」は高確示唆
ハズレ・リプレイ+「好機」は(超)高確濃厚

 

■木彫り演出
リプレイ+カエルは(超)高確濃厚
ハズレ+フクロウは(超)高確濃厚

 

狙い目

スルー天井狙い 積極派:4スルー~
慎重派:5スルー~
ゲーム数天井狙い 450G~

やめ時

バジリスク絆でやめ時を考えるときは、
①天井狙い後のAT終了後、
②設定狙いを失敗した時のBC終了後、
③リセット後のBC後
の3パターンくらいだと思います。

②以外は毎回朧BCを選択することをお勧めします。
設定狙い時でもAT当選に期待できないときは、
朧BCを選んでモード把握しておくとやめ時が決めやすくなると思います。

 

■朧BCの終了画面で考えるやめ時
モードCは1つおきにくるかスルー天井までループするかどちらかしかないので
次回モードC濃厚の場合はAT当選まで打った方がいいでしょう。

基本的に高確は25G以上滞在し、
高確が15Gで終了した場合モードD以上確定だが、
そもそも高確滞在比率が高い機種で判別が極めて困難なので考えないほうが無難。

パターン どうする?
半月 次回AT当選まで打つ
赤満月 次回AT当選まで打つ
満月or三日月
+
甲賀ステージ
即やめ
満月or三日月
+
伊賀ステージ
高確スタートなら高確フォローしてやめ
低確スタートならBC当選まで
満月or三日月
+
土岐峠or弾正屋敷
高確フォローしてやめ

 

■前回のテーブルで考えるやめ時
次回のテーブルが、
初回がモードC以上のD・G・Q・S・Y・Zに移行する可能性が高いなら
1回BC引いて様子見するのもいいかなと思います。

【上記に移行しやすいテーブルと次回初回モードCの割合】

テーブル 割合
テーブルN
(最大10スルー)
100%
(テーブルYorZ)
テーブルO~U
(最大8スル-)
約35%
テーブルV~X
(最大6・4・2スルー)
約75%
テーブルY・Z
(最大0スルー)
約35%

 

【ヤメ時】
前回のATが1回・3回・5回・7回・9回・11回目のBCで
当選している場合は次回初回モードC以上の可能性が高い。

実際にはテーブル天井で当選したか、
BC中のレア役・BC当選時のAT抽選で当選したかわかりづらい。
前回のATが1・9回目のBCで当選するよりも、
3・5・7回目のBCでAT当選した場合のほうが優先度は上がる。

前回AT当選までのBC回数 どうする?
11回 次回BC当選まで打つ
9回 モードよければBC当選まで。
モード悪ければやめる。
7回
5回
3回
1回