CR押忍番長 トップ画像
©DAITO GIKEN

このページでは2017年1月10日に導入された、
CR押忍!番長 の情報をまとめています。

■注目ポイント
①押忍!番長シリーズのパチンコ
②潜伏ありの確変ループタイプ

・機種情報
・スペック
・ボーダー
・止め打ち

などの情報を随時更新していきます。

スポンサーリンク

機種情報

CR押忍番長 筐体
©DAITO GIKEN

機種情報
機種名CRぱちんこ押忍‼番長
メーカー大都技研
タイプ確変ループ
潜伏あり
導入日2017年1月10日

スペック

スペック
大当たり確率低確率時:1/319.7
高確率時:1/32.8
確変割合65%
時短50回/100回
時短引き戻し50回(内部低確):約14%
50回(内部高確):約78%
100回(内部低確):約26%
確変突入時
平均出玉
約5401個
(約4.91連)
賞球4,1,8.9.14
アタッカー14賞球×8C
ラウンド4,6,16
出玉16R:約1720個
6R:約670個
4R:約430個

ラウンド振り分け

大当たり振り分け(ヘソ)
ラウンド電サポ出玉配分
6R確変次回約670個10%
6R確変50回
or次回
約670個20%
6R確変50回約670個35%
6R通常時短50回約670個35%
大当たり振り分け(電チュー)
ラウンド電サポ出玉配分
16R確変次回約1720個60%
4R確変次回約430個5%
16R通常時短100回約1720個5%
4R通常時短100回約430個30%
スポンサーリンク

ボーダー

4円パチンコのボーダーライン(1000円当たり)
交換率出玉ベース出玉5%減
4.00円2223
3.57円2324
3.33円2425
3.03円2526
2.50円2829

※6時間遊技・上記出玉・電サポ中1個減/回転

止め打ち

大当たり中

本機のアタッカーは14賞球×8C。

大当たり中止め打ち
①7個入賞させる
②8個目弱め打ち+1発捻り強め打ち!

電サポ中

電チュー賞球は1個。
打ちっぱなしだと玉減り必須だが
下記止め打ち手順で現状維持程度までに抑えられる。
→その場合等価ボーダーは21回転ほど。

ランプはセグ群の左端最下段2つ。
電チュー開放パターンは3種類。

電サポ中の止め打ち手順
ランプ止め打ち手順
上下点灯①1回目が閉じたら2発打つ
②2回目が閉じたら2発打つ
③3回目が開いた瞬間に2発打つ
上のみ点灯①1回目が開いた瞬間に2発打つ
②2回目が閉じたら2発打つ
③3回目が開いた瞬間に2発打つ
下のみ点灯①1回目が開いたら2発打つ
②2回目が閉じたら2発打つ
③3回目が開いた瞬間に2発打つ

潜伏確変

初当たりが7図柄意外だった場合、
6R終了後に「頂CHANCE」(時短50回)へ移行。

頂CHANCE中で大当たりできない場合、
内部状態にかかわらず「俺道」(電サポなし通常)へ移行。

俺道は最大30回転滞在し最終ゲームで、
内部確変or通常のジャッジ演出が発生。

潜伏確変かどうかわからない場合は
30回転まわしてからやめるようにしましょう。

頂RUSH(時短100回or電サポ次回)終了後は
潜伏確変の可能性がないのでいつやめてもOK。

まとめ

押忍番長のパチンコが登場。
確変ループタイプで潜伏確変あり。

電チューのこぼしが多く打ちっぱなしだと玉減り必須。
止め打ちをして無駄玉を減らしましょう。

スポンサーリンク