©高尾

NEW!! 2018/08/19(日) 修正&加筆しました。

このページでは2016年7月に導入された、
CRダークフォースの情報をまとめています。

■本機の注目ポイント
①スルー通過させて1/511を引いてアタッカー開放
②アタッカーに入れて1/19.2を引いてラッシュ突入!
③無駄玉を徹底排除した変則スペック
④ラッシュは継続率約90%以上!

・機種基本情報
・スペック
・ボーダーライン
・止め打ち手順

などの情報を随時更新していきます。

機種概要

©高尾

機種概要
機種名CRダークフォース
メーカー高尾
タイプ転落確変
導入日2016年7月4日
導入台数約3000台

スペック

基本スペック

基本スペック
普通図柄当選確率約1/511
大当たり確率1/19.2
転落確変1/37
電サポ33回転+α
RUSH突入率約23.4%
RUSH継続率約90%以上
RUSH平均出玉平均1871個
(平均10.31連)
賞球1,7,15
アタッカー15賞球×3C
ラウンド2,7,14
出玉14R:約570個
7R:約285個
2R:約85個

 

大当たり振り分け

大当たり振り分け
ラウンド電サポ出玉配分
14R33回+α約570個10%
7R約285個24%
2R約85個66%

 

 

ボーダーライン

4円パチンコのボーダーライン(1000円当たり)
換金率出玉ベース出玉5%減
4.0円292.2307.6
3.57円303.1319
3.33円309.8326.1
3.03円319.3336.1
2.5円341.3359.2

■算出条件

ボーダーライン算出条件
実戦時間6時間
出玉14R:570個
7R:285個
2R:85個
電サポ中の増減なし

(参考:パチマガスロマガ様)

止め打ち手順

通常時は止め打ち必須!

通常時はスルー通過で図柄変動抽選が行われる・
発射した玉はほぼすべてスルーを通過する。

普通図柄の保留は最大4個で、
普通図柄の変動は超高速変動だが
4個たまっている状況で玉を打つと無駄玉になる。
4個たまるタイミングで止めよう。

他の機種と違ってスルー通過すると保留がたまり、
1個の玉でスルーを2回通過することもある。
2.3発打って打ち出しストップが理想的。

■通常時の止め打ち手順

通常時の止め打ち手順
①2.3発打って止める。
②保留が枯れた瞬間に打ち出しスタート。
の繰り返し

 

大当たり中の止め打ち手順

大当たり中にアタッカー開放パターンが変化する。
3R目以降はアタッカーがショート開放し、
アタッカーは3Cだがフルオープンする可能性がある。
基本的に止め打ちしないほうが無難。

■大当たり中の止め打ち手順

大当たり中の止め打ち手順
打ちっぱなし

まとめ

高尾から超変則スペックパチンコが登場。
①スルー通過で図柄変動抽選。
②約1/511の当選を引いて電チューアタッカー開放
③電チューにいれて最大5回の抽選で約1/19.2を引く!
④RUSH突入!
⑤RUSHは継続率約90%以上!
という流れ。

通常図柄の変動が早く、時間効率がいい台だと思いますが、
稼働状況はあまりよくなさそうですね。

通常時の止め打ちは必須!
止め打ちしないと回転率60回転ほど下がると思います。