©ビスティ

導入日:2018年3月19日

NEW!! 3/22(木):ボーダー・止め打ち手順追加!

☆ポイント☆
・確変割合100%+ST+時短タイプ!
・最高出玉約1400個!
・CRエヴァ11甘と似たようなスペック!

スポンサーリンク

機種概要

機種概要
機種名CRエヴァンゲリオン
2018年モデル GOLD Impact
メーカービスティ
タイプST
導入日2018年3月19日
導入台数不明

スペック

確変割合100%でSTは30回転だが、
通常時からの当たりは大体電サポ15回転でおわる。
15回転以内に当てるとST30回転+時短70回転に突入。
15回転で当たらない場合潜伏確変となる。

・まず通常時に1/128を引いて当てる。
・ST15回転以内に1/46を引いて当てる。
・ST30回転+時短70回転に突入!

っていうゲーム性。

基本スペック

基本スペック
大当たり確率低確率時:1/128
高確率時:1/46
確変割合100%(ST30回)
電サポ15回or100回
継続率ST15回:約28%
ST30回:約48%
右100回:約70%
時短70回
時短引戻し約42%
賞球4,1,10,10
出玉400個、500個
800個、1440個

 

大当たり振り分け

【ヘソ当たり時】

大当たり振り分け
ラウンド電サポ出玉配分
5R確変ST30回
+時短70回
500個12%
ST15回88%

 

【電チュー当たり時】

大当たり振り分け
ラウンド電サポ出玉配分
16R確変ST30回
+時短70回
1440個33%
8R確変800個33%
4R確変400個34%

 

アタッカー・出玉

アタッカー・出玉
賞球ヘソ:4個
電チュー:1個
上アタッカー10賞球×10C
下アタッカー10賞球×9C
出玉400個、500個
800個、1440個

潜伏確変とやめどき

潜伏確変

【潜伏確変に移行するタイミング】
ヘソ当たり電サポ15回転中に当たらなかったとき。
30回転までは潜伏確変に移行する。

【潜伏判別】
潜伏確変状態はSTANBYモードに移行。
見た目でもわかる安心設計だが、潜伏狙いは難しい仕様。

 

やめどき

STANBYモード終了まで打つ。

ボーダーライン

換金率出玉出玉5%減
4.0円1920
3.6円1920
3.3円2021
3.0円2022
2.5円2122

※6時間遊戯・上記出玉・電サポ中の玉減り非考慮。

 

止め打ち手順

大当たり中止め打ち

【上アタッカー開放時】
10Cのハネアタッカー、オーバー入賞率は悪くない。

◇止め打ち手順◇
9個目弱め打ち+1発捻り強めうち!

【下アタッカー開放時】
9Cの扉アタッカー、16R確変当たり時に開放する、
オーバー入賞率は高めで、ハネアタッカーよりも捻り効果は大きめ。

◇止め打ち手順◇
8個目弱め+1発捻り強め打ち。

 

電サポ中止め打ち

電チュー賞球は1個、おまけ入賞口の賞球は4個。
電サポ開放パターンは複数あり、
決まった止め打ち手順は今のところありません。

◇止め打ち手順◇
保留が2個になったら3~5個打つ。
演出発生でとめる。

まとめ

CRエヴァンゲリオン2018年モデルのライトミドル。

スペックはエヴァ11の甘デジに非常によく似てます。

通常時の電サポの少ない割りに、

電サポ中の出玉が少ないですね。

エヴァ2018は演出が詰め込みすぎで評価悪かったですが、

個人的には非常に好きな機種だったので、

ライトミドルも非常に楽しみな機種。

スポンサーリンク