©Sansei R&D

このページでは2018年12月17日に導入される、
CR牙狼 TUSK OF GODの情報をまとめています。

■本機の注目ポイント
①牙狼シリーズ最初で最後の2400発!(真偽不明)
②牙狼翔の筐体がが赤くなったリユース筐体で登場
③65%の確変ループタイプ
④ヘソ当たりの20%は16R確変(2400発)
⑤電チュー当たりの65%が16R確変(2400発)

・機種基本情報
・スペック
・ボーダーライン
・止め打ち手順
・PV動画

などの情報を随時更新していきます。

スポンサーリンク

機種概要

機種概要
機種名CR牙狼 TUSK OF GOD
メーカーサンセイR&D
タイプ確変ループタイプ
導入日2018年12月17日
導入台数約30000台

スペック

基本スペック

基本スペック
大当たり確率低確率時:1/319.7
高確率時:1/189.9
確変割合65%
時短0回・50回
時短引き戻し50回:約14.5%
賞球4,1,2,3,15
アタッカー15賞球×10C
ラウンド2,4,16
出玉16R:約2400個
4R:約600個
2R:約300個

 

大当たり振り分け

■ヘソ当たり時

大当たり振り分け(ヘソ)
ラウンド電サポ出玉配分
16R確変次回約2400個20%
4R確変約600個45%
4R通常なし約600個35%

■電チュー当たり時

大当たり振り分け(電チュー)
ラウンド電サポ出玉配分
16R確変次回約2400個65%
2R通常時短50回約300個35%

ボーダーライン

調査中。

止め打ち手順

調査中。

PV動画

まとめ

牙狼シリーズ最新作が12月に導入予定。
牙狼翔の筐体が赤くなった紅金翔枠で登場。

スペックは確変割合65%の確変ループタイプ。
確変突入後は2400発で65%ループする!

というで北斗7と非常に似たようなスペックで、
かなりいいスペックだと思います。

■北斗7と主な違い
①ヘソ当たりでも16R確変当たりに期待できる(配分20%)
②ヘソ通常後はは時短ナシ
③電チュー通常後は時短50回

 

ですが高確率中の大当たり確率が1/189.9
とライトミドル並みに重たい。
Zガンダムの1/128ですらかなり重たいと思ったんですが、
それのさらに上を行きましたね。

牙狼翔が酷評されたのは演出のくどさと、
電サポ・アタッカーの悪さが大きな要因だと思うんですよー。

本機も元の筐体が金翔枠ですから、
前作のアタッカーを引き継いでいれば
こぼしがかなり多くてゴリゴリ減りますよねー。

北斗7みたいにおまけ入賞口があれば多少ましだと思いますが
改善されてたらいいと思います。

電チュー通常当たり後は時短ナシでもよかったと思いますが、
総合的に見て個人的にはかなり好印象な台なので期待したいですね。

スポンサーリンク