©SANKYO

このページでは2019年1月に導入される、
CRFゴルゴ13の情報をまとめています。

■本機の注目ポイント
①ゴルゴ13が液晶付きパチンコで登場!
②1種2種混合機のRUSHタイプ
③RUSHトータル継続率約79%!

・機種基本情報
・スペック
・ボーダーライン
・止め打ち手順

等の情報を随時更新していきます。

スポンサーリンク

機種概要


©SANKYO

機種概要
機種名CRFゴルゴ13
メーカーSANKYO
タイプ1種2種混合機
導入日2019年1月

スペック

基本スペック

基本スペック
大当たり確率通常時:1/199.8
右打ち中:約1/7.4
RUSH突入率約54%
RUSH継続率約79%
時短1回or99回
時短引き戻し1回+残保留4個:約51%
賞球4,1,6,3,10
アタッカー10賞球×10C
ラウンド4,5,7,11,15
出玉15R:約1500個
11R:約1100個
7R:約700個
5R:約500個
4R:約400個

 

大当たり振り分け

■通常時

大当たり振り分け(通常時)
ラウンド電サポ出玉配分
4R99回約400個5%
4R1回約400個95%

 

■電チュー入賞(小当たり)

大当たり振り分け(電チュー小当たり)
ラウンド電サポ出玉配分
15R99回1500個30%
11R1100個10%
7R700個9.5%
5R500個9%
5R1回500個41.5%

 

■電チュー入賞(特図当たり)

大当たり振り分け(電チュー)
ラウンド電サポ出玉配分
15R99回1500個58.5%
4R1回400個41.5%

ボーダーライン

調査中。

止め打ち手順

調査中。

まとめ

CRFゴルゴ13が液晶付きパチンコで登場!!

ドラムゴルゴに比べて大当たり確率が重いですが、
出玉振り分けが悪くなっています。

右打ち中の小当たり確率がアップ、
トータル継続率がアップしています。
超A級RUSHは時短99回転と増えました。

大当たり確率が若干重くなってますが通常時からのRUSH突入率も増えて、
遊びやすくなっていると思います。

ボーダー・止め打ち手順がわかれば追記します。

スポンサーリンク