CR仄暗い水の底から トップ画像
©藤商事

導入日:2016年12月5日

このページでは2016年12月5日に導入された、
CRほの暗い水の底FPWからの情報をまとめています。

■注目ポイント
①仄暗い水の底からの甘デジバージョン!
②通常ありSTタイプ

・機種情報
・スペック
・ボーダー
・止め打ち

などの情報を随時更新していきます。

スポンサーリンク

機種情報

機種情報
機種名CRA仄暗い水の底からFPW
メーカー藤商事
タイプ通常ありST
導入日2016年12月5日

スペック

スペック大当たり振り分け
スペック
大当たり確率低確率時:1/99.9
高確率時:1/62.5
確変割合51%
ST回転数100回
ST継続率約80%
ST継続率
トータル
約40%
時短32回
時短引き戻し約27%
賞球4,1,5,8,10
アタッカー10賞球×7C
ラウンド5,7,15
出玉15R:約1050個
7R:約490個
5R:約350個
大当たり振り分け(ヘソ)
ラウンド電サポ出玉配分
7R確変ST100回約490個51%
7R通常時短32回約490個49%
大当たり振り分け(電チュー)
ラウンド電サポ出玉配分
15R確変ST100回約1050個51%
5R通常時短32回約350個49%
スポンサーリンク

ボーダー

4円パチンコのボーダーライン(1000円当たり)
交換率出玉ベース出玉5%減
4.00円1920
3.57円2021
3.33円2021
3.03円2022
2.50円2123

※6時間遊技・上記出玉・電サポ中の玉減り非考慮

止め打ち

大当たり中

本機のアタッカーは10賞球×7C。
センサー感知が遅めで
捻り打ちでオーバー入賞を狙える。

大当たり中の止め打ち
①6個入賞させる
②7個目弱め打ち+1発捻り強め打ち!

電サポ中

電チュー賞球は1個。
開放パターンはロング1回。

電サポ中の止め打ち
①電チューが閉じる瞬間に1発~3発打つ
の繰り返し

まとめ

仄暗い水の底からの甘デジバージョンが登場。
通常ありSTタイプ。

ST継続率は約80%と高めですが、
確変割合が51%と低めなので
どれだけ確変大当たりを引けるかが重要。

スポンサーリンク