©高尾

導入日:2018年6月4日

NEW!! 2018/06/27(月) 止め打ち手順を更新しました!!

☆ポイント☆
・確変割合50%&小当たりRUSHタイプ
・確変当たりはすべて小当たりRUSH突入
・小当たりRUSH継続時は1920個+小当たりRUSH!
・出玉速度は時速30,000発という噂

スポンサーリンク

機種概要

機種概要
機種名CRカイジ4 HIGH&LOW
メーカー高尾
タイプ確変ループ
小当たりRUSH
導入日2018年6月4日
導入台数30,000台

スペック

基本スペック

基本スペック
大当たり確率低確率時:1/319.9
高確率時:1/111.9
小当たり確率
(小当たりRUSH中)
調査中!
確変突入率50%
時短なし
賞球4&1&4&3&12
アタッカー12賞球×10C
推定出玉1920個&1440個
60個

大当たり振り分け

【ヘソ当たり】

大当たり振り分け
ラウンド電サポ出玉配分
16R確変次回1920個5%
12R確変1440個45%
12R通常なし1440個50%

【電チュー当たり】

大当たり振り分け
ラウンド電サポ出玉配分
16R確変次回1920個50%
2R通常なし60個50%
スポンサーリンク

ボーダーライン

換金率出玉ベース出玉5%減
4.0円22.323.5
3.6円2425
3.3円2526
3.0円2627
2.5円2930

※算出条件※
・6時間遊技
・通常の1R当たり約110玉、2R出玉約60個
・小当たりRUSH性能:+12個/回転
(引用元:スロマガ様)

止め打ち手順

大当たり中止め打ち

本機のアタッカーは12賞球×10C

【止め打ち手順】
①9個入れる。
②10個目弱め打ち+1発捻り強め打ち
を繰り返す。

■2R通常時の打ち方
①白紙確認と同時に打ち出す。
②開放目が閉じたら打ち出しストップ

2R通常時はアタッカーが2回のみ開放。

圧倒的RUSH中止め打ち

圧倒的RUSH中は1/1.01で小当たりが発生する。
特に技術介入手順はありませんが、
いくつか打ち出しを止めたほうがいいポイントがあります。

■打ち出しを止めるタイミング

©高尾

「ギロチン落下で終了!?」煽り発生時は、
大当たりorRUSH継続の可能性があり、
その間は小当たりが発生しないので打ち出しを止めよう。

■打ち出し再開ポイント

©高尾

①即継続時
②役物チャンス成功時
③最後の審判決定時
に打ち出しスタート。

※注意点※
①役物チャンスはボタンを押して失敗(2R通常)の場合、
タイミングがとりづらいのでボタンは押した方がいい。

②最後の審判時は、
「ボタンのメーターを使い切る」
→「白紙(2R通常)」→「打ち出しスタート」
するとタイミングがちょうど合うのでボタンは押さないほうがいい。

■圧倒的RUSH中の止め打ち手順まとめ
①基本打ちっぱなし。
②「ギロチン落下で終了!?」煽り発生で打ち出しストップ
③「即継続」・「役物成功」・「審判決定」時打ち出しスタート
④役物チャンスはボタン押す。
⑤審判決定演出時はボタン押さずに待ちメーターマックスで打ち出し。

まとめ

CRカイジシリーズ最新作が登場!

確変割合50%の確変ループ&小当たりRUSHタイプ。
通常当たり後は時短もなく時間効率が良さそうなスペック。
GANTZや桃剣斬鬼と違って確変当たりはすべて小当たりRUSHに突入。

小当たりRUSHの性能も高くて
高尾の台はアタッカーが良い台が多いので個人的に注目の一台。

噂によると
「初代牙狼をしのぐ時速30,000発!」
とかいわれています。

導入台数が3万台と多め。

スポンサーリンク